医療現場で活躍しているドクターを紹介する特別インタビュー企画。 治療方針や取り組み、実績など様々な角度から徹底取材!

いしべ・もとみ(写真左)
医学博士。北海道大学医学部卒業後、同大学医学部整形外科入局。米国ロチェスター大学医学部整形外科。NTT東日本札幌病院人工関節センター長などを経て、08年石部基実クリニックを開院。日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医


ひらやま・てるひさ(写真右)
医学博士。1990 年北海道大学医学部卒業。2001年米国ワシントン大学留学。06 年、旭川医科大学理学療法部副部長。13年市立札幌病院整形外科副部長。15年石部基実クリニック副院長。日本整形外科学会認定整形外科専門医

豊富な経験と高度な技術が可能にする
エキスパートドクターによるMIS(最小侵襲手術)

7000件※1以上の豊富な実績MISにて行う人工股関節置換術

 北海道札幌市にある石部基実クリニックは、人工股関節置換術に特化したクリニックで、MIS(最小侵襲手術)を追求し、豊富な経験と高度な技術に定評がある。2017年※2の手術実績では人工股関節置換術750例を行い、MISにて施術したのが712例。全体の約93%をMISにて行っている。「従来の一般的な手術法では15〜20㎝の傷口を必要としましたが、当院では2003年から先駆けて行っているMIS約7㎝の傷口のため、筋肉や皮膚へのダメージが非常に少なくなり、入院期間が短く、美容的に良好で、早期に社会復帰できるようになりました」と石部院長は話す。副院長の平山医師も続けて「従来の傷口より1/3~1/2程度で済み、患者さまの身体的負担も軽減されるため、手術翌日からの歩行訓練、リハビリテーションも可能になる」とMISの利点を述べる。

自己血貯血でより安心の治療を心がける

 人工股関節置換術には、通常輸血を必要とすることが多いが、石部基実クリニックの方針として輸血をしないように、手術前から患者ご自身の血液をあらかじめ貯めておき、手術による出血をすべて患者の血液(自己血)で補い、MISの場合は輸血回避率はほぼ100%と徹底的にこだわっている。

手術支援ナビゲーションシステムによる最新医療機器にて安全な手術を目指す

多数のTV番組に出演するとともに、数多くの著書がある石部院長。2018年8月に発売された『長生きしたければ股関節を鍛えなさい』(幻冬舎新書)

 石部基実クリニックでは、全国に先駆けて2004年からナビゲーションシステムを導入している。「まず手術前に CT 検査(コンピューター断層撮影法)を行い、検査結果をもとに使用する人工股関節の最適サイズと位置をコンピューターが自動的に計算します。その計算結果をもとに、わたくしが確認修正したものをデータとして用います」と石部院長。手術実績に裏付けられる豊富な経験と最新の医療機器を駆使し、MISにて行う人工股関節置換術を患者に多く行っている。北海道以外、全国から来院する患者も多く、またアクセスに便利な場所にあり、地下鉄大通駅より徒歩1分、空港連絡バスが発着するホテルに隣接しているため、来院する患者の多くが道外からも来ていると言う。石部院長から手術を受けられた患者を中心に「石部基実クリニック患者の会」を立ち上げており「患者さま同士で情報交換を行っております」と石部院長は人工股関節置換術MISのパイオニアとして力強く語った。
※1:2008年〜2018年  ※2:2017年1月〜12年

※内容は2018年10月31日時点のものです。詳しくは各医療機関にお問い合わせください
(PR)
医療機関情報
施設名 石部基実クリニック
フリガナ イシベモトミクリニック
TEL 011-206-7663(月~金 9:00〜12:00)
011-206-7688(月~金13:00〜18:00)
住所 北海道札幌市中央区大通西5-1-1 桂和大通ビル38-10F
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)

診療時間(完全予約制)
9:00〜12:00
13:00〜18:00
石部基実クリニック 患者の会 ホームページ

↑ページTOPへ