医療現場で活躍しているドクターを紹介する特別インタビュー企画。 治療方針や取り組み、実績など様々な角度から徹底取材!

おおしま・ゆうすけ
医学博士。1992年、大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部眼科学教室入局。大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室講師および医療法人社団済安堂西葛西井上眼科病院副院長を歴任して、2014年より医院を開設。日本眼科学会認定眼科専門医。中国南開大学医学院客員教授、天津市眼科医院網膜硝子体部門顧問、京都府立医科大学眼科学教室客員講師、西葛西井上眼科病院手術顧問

網膜硝子体疾患及び白内障(多焦点眼内レンズ)の
日帰り手術で実績を上げ
患者様一人ひとりの視力回復の「質」を追求した眼科手術を継続

より最良の眼科医療を地域の皆様に提供

 医療法人聖佑会グループの大島佑介理事長は、網膜硝子体手術及び白内障手術おけるトップサージャンの一人で、大阪大学医学部附属病院や京都大学再生医科学研究所、大阪府下の基幹病院を中心に眼科の基礎研究や臨床に専念し、「最新の眼科医療を身近な地域に広めたい」という熱い思いから、2014年、大阪府高槻市に「おおしま眼科クリニック」を開設したのを皮切りに、「かわさき眼科クリニック」に次いで、2018年5月には小児の近視治療と白内障・網膜硝子体疾患の日帰り手術に特化した「おおしま眼科池本クリニック」を大阪府八尾市にオープンさせた。
 「このクリニックを地域の皆様から信頼される八尾市の眼科医療の中核施設まで成長させたいと思っています。これまで培ってきた知識、経験、技術を生かして、より最良の眼科医療を地域の皆様に提供していきます」と大島理事長は抱負を語りつつ、「地域の患者様と先生方に『手術のクオリティー』に対する高い信頼が得られており、2014年2月の開院以来、2018年1月末までの約4年間で6558名に及ぶ患者様の内眼手術を行うことができました」と地域で培った信頼と実績について述べる。

0.4㎜の極小切開による無縫合硝子体手術

2018年にはアジア・パシフィック眼科学会総会(APAO)にて「Achievement Award」を受賞。院内には国際学会での受賞トロフィーや賞状が数多く掲げられている。「Best Doctors in Japan 2014-2015, 2016-2017,2018-2019」にも3期連続で選出

 同院では、クオリティーにこだわった眼科医療として、網膜硝子体及び白内障疾患の最新日帰り手術で豊富な実績を上げている。
 大島理事長は、硝子体手術の分野において27ゲージという0.4㎜の極小切開創での無縫合硝子体手術システムの開発者であり、同院では、黄斑前膜や黄斑円孔(えんこう)のような疾患のみならず、網膜剥離(はくり)や糖尿病網膜症などの重症疾患も日帰り手術で対応できるだけの最新機器を導入し、高度医療チーム体制を確立している。「難症例に対応できる確かな技術と豊富な経験が評価され、当院の硝子体手術の9割が病院を含む他の医療施設から紹介された患者様で、その4分の1が緊急性の高い裂孔原性網膜剥離の症例です」
 2014年2月から2017年12月までに行った201例の網膜剥離初発例の日帰り手術では、初回復位率が97.5%、最終復位率が100%と全国トップレベルの症例数と治療成績を誇る。

超音波乳化吸引術による高度な白内障手術

イタリア中部の都市フィレンツェで開催された網膜硝子体学会(FLORetina)の海外演者として招聘され、3Dの手術ビデオ動画によるケースディスカッションを行う

 白内障の場合は、2.2㎜の極小切開創で手術を行う。創口が小さいため、縫合する必要がなく、術後の乱視や感染症へのリスクを軽減できる。「目の状態などで多少の個人差はありますが、最近の手術時間は5〜10分と短く、専属の麻酔科医による麻酔方法も点眼麻酔や前房内麻酔などの局所麻酔によって痛みがほとんどありませんので、患者様の不安・負担が大幅に軽減されています。当院は、厚生労働省の先進医療実施施設として多焦点眼内レンズで豊富な実績を上げています」と大島理事長。白内障手術について、2017年1月〜12月の2006例のうち279例(14%)が多焦点眼内レンズの症例となっている。

世界を舞台とした教育講演や手術ライブによる技術指導

海外眼科医師指導プログラムにてベトナムで手術指導

 大島理事長は、これまでアメリカ、ドイツ、ベルギー、スペイン、シンガポール、オーストラリア、ロシア、中国、さらにはエジプトなど世界を舞台に白内障や網膜疾患分野での教育講演と手術ライブによる技術指導を行いながら、世界各国の最新治療も間近で見聞し、業界に先駆けていち早く取り入れてきた。
 医師同士の評価によって選ばれる「Best Doctors in Japan」に3期連続で選ばれるなどエキスパートドクターとしての本領を発揮している。

全国や海外から来院する患者様の約4割が他の医療施設からの紹介

中国・青島で開催中の中国眼底疾患学会のシンポジウムとサテライトセミナーで最新の網膜硝子体手術について講演

 同院では、関西一円はもちろん、九州、四国、中部、北陸、関東や東北などの全国各地、さらにはシンガポール、香港、フィリピン、台湾など海外からも患者様が来院する。
 「これまで手術させていただいた患者様の約4割が他の医療施設から紹介の患者様ですので、今後とも皆様からの信頼を糧に患者様一人ひとりの視力回復の『質』を追求した眼科手術を継続していきたいと思います。より安心な手術方法の確立と新しい手術システムの開発を目指しつつ、これからも一般的な白内障はもちろん、難治性の白内障や網膜硝子体疾患まで、豊富な経験と高い技術力で日帰り手術を行っていきます」と大島理事長は目の見え方の質へのこだわりについて語った。


2018年5月開院より月間50件の日帰り手術を実施
  小児眼科、白内障、網膜硝子体疾患など
患者様に寄り添える医療で地域の中核的役割を担う

池本 淳子 院長

 当院では最新の極小角膜切開による無縫合白内障手術のみならず、多焦点眼内レンズによる老眼治療、そして網膜硝子体疾患の日帰り手術に特化した施設にふさわしく、網膜剥離などの緊急性を要する疾患にも迅速に対応できる体制と最新の手術設備を整えました。
 小児眼科については、国内では数少ないクリニックベースでの外来を構築し、小児の斜視・弱視治療だけでなく、近視抑制治療についても専門医としてのより最適な助言と治療の選択肢を提供してきたいと考えています。患者様の身近に寄り添える医療を行い、目の前にいる一人ひとりの患者様が、より幸せな生活を送れるよう手助けをするのが私の役割だと思っています。

医療法人聖佑会グループ日帰り手術
「おおしま眼科クリニック」及び「おおしま眼科川崎クリニック」の年間総件数(2017年1月〜12月)
術式・対象疾患など 件数
白内障手術(先進医療認定施設)
(うち、多焦点眼内レンズ279件、多種のオーダーメイドレンズを取扱う)
対象疾患: 一般的な白内障手術のみならず、 難治性白内障や眼内レンズ合併症なども対応
2006件
網膜硝子体手術
(うち、裂孔原性網膜剥離の緊急手術79件、 初回復位率97.5%、最終復位率100%)
対象疾患: 網膜剥離、硝子体出血、黄斑円孔、黄斑前膜、 糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、 加齢黄斑変性や網膜細動脈瘤による網膜下出血など
294件
眼瞼形成術
(炭酸ガスレーザーによる術後の腫れや皮下出血が少ない手術) 対象疾患:眼瞼下垂や眼瞼内反症など
116件
眼科小手術
対象疾患:鼻涙管狭窄や結膜翼状片など
105件
緑内障手術 7件



※内容は2018年10月31日時点のものです。詳しくは各医療機関にお問い合わせください
(PR)
医療機関情報
施設名 おおしま眼科クリニック
フリガナ オオシマガンカクリニック
TEL 072-676-8900
住所 大阪府高槻市西冠1-12-8
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)
【休診日】水、木曜午後、土曜午後、日・祝

医療機関情報
施設名 おおしま眼科川崎クリニック
フリガナ オオシマガンカカワサキクリニック
TEL 072-690-7540
住所 大阪府高槻市宮田町1-29-18 たかつき宮田町ビル3F
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)
【休診日】木曜午後、土曜午後、日・祝(2019年1月改名)

医療機関情報
施設名 おおしま眼科池本クリニック
フリガナ オオシマガンカイケモトクリニック
TEL 072-975-6011
住所 大阪府八尾市桜ヶ丘1-10-2 桜ヶ丘クリニックビル2F
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)
【休診日】火曜午後、土曜午後、日・祝

↑ページTOPへ