医療現場で活躍しているドクターを紹介する特別インタビュー企画。 治療方針や取り組み、実績など様々な角度から徹底取材!

やまざき・けんいちろう
1996年、日本医科大学卒業。横浜市立大学医学部付属病院眼科学教室に所属中に同大学医学部付属病院、佐伯眼科クリニック、横浜労災病院、国際親善総合病院などに勤務。2008年、大宮七里眼科を開院。2012年に日本で初めてフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功。2017年2月に著書『人生が変わる白内障手術』を出版。日本眼科学会認定眼科専門医

日本で初めてレーザー白内障手術を行い
オーダーメイド治療で「最高の医療」を追求

パイオニアが行うフェムトセカンドレーザー白内障手術

レーザー白内障手術のパイオニアとして著書『人生が変わる白内障手術』を執筆

 大宮七里眼科では、「大切な眼に最高の医療を提供する」ことを目標に掲げ、視力低下に悩む全ての患者さん一人ひとりに、目の状況や年齢に合わせたオーダーメイド治療を行っている。
 山﨑健一朗院長は、2012年6月に日本初のフェムトセカンドレーザー白内障手術を手がけ、レーザー白内障手術のパイオニアとして『人生が変わる白内障手術』という著書を執筆している。「レーザー白内障手術や多焦点眼内レンズのメリットをわかりやすい言葉で一般の人たち向けに解説した本で、快適な見え心地を取り戻す手術の詳細を伝えています。毎日のように全国から手術の問い合わせがあり、たくさんの方々が最先端の白内障手術に深い関心を持っていることを、改めて実感しました」と自著の反響の大きさを語る。
 同院におけるレーザー白内障手術は2012年6月~2017年12月で1479件、多焦点眼内レンズは2008年9月から2017年12月で1797件と豊富な実績を上げている。

ミクロン単位で切開可能な最先端の白内障手術技術

若い人の近視に対してはレーシック手術を行っている。幅広い年齢層の患者さんに対応した総合眼科医療を提供している

 レーザー白内障手術について、山﨑院長は、「手術において重要で難易度の高い手技である水晶体前嚢(ぜんのう)切開、水晶体核破砕、角膜切開を、超高精度のフェムトセカンドレーザーによって短時間かつミクロン(1000分の1㎜)単位で切開できる最先端の白内障手術技術です」と指摘する。さらに、「手術ではOCT(光干渉断層計)により赤外線を用いてリアルタイムで角膜や水晶体などの構造を解析します。その結果をもとにレーザーを活用して高い精度で組織を的確に切開します。フェムトセカンドレーザー照射にかかる時間はわずか約30秒です」とレーザー白内障手術の利点を挙げる。
 白内障手術では、レーザーを照射した後、破砕された水晶体を吸引して眼内レンズ挿入術を行う。
 眼内レンズ手術では、眼科医が手術中に見ている顕微鏡に、眼内レンズを固定すべき位置や乱視の角度を表示するイメージガイドシステムが威力を発揮する。「この機器の画期的な利点は、眼内レンズの固定の位置や乱視の軸だけでなく、手術で作る角膜の切開創の位置、水晶体前嚢切開の位置や半径まで、より正確に行うことができることです」と山﨑院長は最先端機器による的確な手術を実現している。

老眼や乱視も治る多焦点眼内レンズを数多く使用

3階はレーシック患者さん専用のラウンジとなっている。緊張を強いられる手術の後に大型ソファでリラックスすることができる

 同院は、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の先進医療施設として指定されている。山崎院長は多焦点眼内レンズのメリットについて「遠近両方の距離に焦点を合わせることが可能な多機能レンズですが、最近は遠近だけでなく中間距離も含めた3焦点の眼内レンズが主流になりつつあります。3焦点の眼内レンズは、コンピューターを使っての作業などが距離的にしやすいという利点があります。大宮七里眼科では数多くの症例に3焦点眼内レンズを使用し、良好な結果を得られています。また、あまり知られていませんが、多焦点眼内レンズによる白内障手術では乱視も治すことができます」と語る。

「自分自身の家族に行うような治療の提供」を徹底して実践

高級感あふれる待合室。患者さんやご家族が気持ち良く過ごせるよう設計にこだわっている

 山﨑院長は、両親の多焦点眼内レンズによる白内障手術も手がけている。「実の両親の手術を両眼とも行うのは極めて珍しいことと思います。当院では、患者さんに最先端のより良い治療を提供したいという思いから積極的に多焦点眼内レンズを患者さんにおすすめしており、その場合には院長が自分の両親に行ったのと全く同じ方法、同じ手術機器、同じ技術、同じ手術室で患者さんに手術を行っています」と山﨑院長は「自分自身の家族に行うような治療の提供」について強調した。



※内容は2018年4月27日時点のものです。詳しくは各医療機関にお問い合わせください
(PR)
医療機関情報
施設名 大宮七里眼科
フリガナ オオミヤナナサトガンカ
TEL 048-686-7000
住所 埼玉県さいたま市見沼区風渡野678-1 (60台の駐車場完備)
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)
大宮駅から東武野田線で約9分、七里駅から徒歩3分の大宮七里眼科。東北自動車道岩槻インターから5分

診療時間
8:30〜12:00 8:30〜11:30
14:00〜17:00
※多焦点眼内レンズを用いた手術は先進医療に認定されており、自由診療、保険診療の治療と併用できます。手術費は片眼48万円、レーザー使用の場合は80万円。レーシックは自由診療で片眼20万~25万円

↑ページTOPへ