医療現場で活躍しているドクターを紹介する特別インタビュー企画。 治療方針や取り組み、実績など様々な角度から徹底取材!

まつもと・ゆきひろ ※写真左から1番目
医学博士。獨協医科大学越谷病院眼科入局。メリーランド大学主任研究員、ワシントン大学生体構造客員准教授を経て、獨協医科大学越谷病院眼科准教授、慶應義塾大学医学部共同研究員。
白内障、緑内障、網膜硝子体の手術、加齢黄斑変性などの黄斑疾患、角膜の治療を担当


さとう・かおり ※写真左から2番目
獨協医科大学卒業後、同大学越谷病院眼科入局。栗原眼科病院勤務、八潮中央総合病院眼科医長を経て、2012年にアイケアクリニックを開院。
黄斑、緑内障、糖尿病レーザー、PDT、硝子体内注射などの外来を担当しながら、白内障や眼瞼下垂、結膜疾患の手術を中心に担当


ふじた・まさひろ ※写真左から3番目
獨協医科大学卒業後、獨協医科大学越谷病院にて臨床研修。静岡県浜松市海谷眼科、岩手県盛岡市志和眼科、日本医科大学付属病院眼科、日本医科大学千葉北総病院眼科を経て、2015年、アイケアクリニック・アイケアクリニック銀座院入職。17年からアイケアクリニック・アイケアクリニック銀座院副院長。
緑内障や小児眼科を中心に担当


ゆきた・まさよし ※写真左から4番目
医学博士。弘前大学医学部医学科卒業。東北大学医学部眼科学教室入局。東北大学病院や仙台市立病院などで臨床研修。気仙沼市立病院眼科医長、山形市立病院済生館眼科医長を経て、2017年4月、アイケアクリニック入職。2018年1月、アイケアクリニックさいたま上尾院院長。日本眼科学会認定眼科専門医。
網膜硝子体や白内障手術を含めた眼科医療全般を担当

国内初導入の最先端機器によるトータルアイケアにこだわり
地域の人たちの目の健康を高レベルの眼科総合医療で支え続ける

2018年1月に埼玉県上尾市にさいたま上尾院を開院

 医療法人トータルアイケアは、埼玉県草加市のアイケアクリニック、東京都中央区のアイケアクリニック銀座院に加えて、2018年1月に埼玉県上尾市にアイケアクリニックさいたま上尾院を開院した。
 「首都圏3クリニック体制の確立で、より多くの患者さんに高度な総合眼科医療を提供できるようになります」と松本行弘理事長は抱負を語る。

最先端機器を国内初で導入し安全性と最適性を極限まで追求

アイケアクリニックのオペ室。3D用メガネを活用することで、立体画像で全体を見渡して手術を行うことが可能になる。術者は、顕微鏡をのぞくのではなく、ヘッドアップしてモニター画面を見ながら肩や腰の位置がリラックスした状態で手術が可能になる

 医療法人トータルアイケアでは、最先端機器の導入など、全国に先駆けての取り組みを積極的に行っている。
 「最先端機器は日本初というものが多いので、当院では今に至るまでに培った経験値が違います。白内障手術用フェムトセカンドレーザーの最新機器を日本で初めて2014年11月に導入するとともに、白内障や網膜硝子体の手術を中心に3Dヘッドアップサージェリーを2017年1月から行っています」とアイケアクリニックの佐藤香院長は強調する。3Dヘッドアップサージェリーは、モニター画面を3D用メガネを装用して立体的に見ながらより正確で安全な手術が可能で、医師だけでなく看護師も含めて術中の情報を共有することができる画期的なシステムだ。
 松本理事長も「2016年5月からの最新の白内障手術システム『The Cataract Refractive Suite』は、アジア圏で初導入となりました。最先端機器を使用して白内障手術をトータルに行うことでより安全性と最適性を追求したシステムです」と言葉を続ける。

豊富な手術の全てについて安全な日帰り手術を目指す

アイケアクリニック銀座院オペ室。白内障手術用フェムトセカンドレーザーの最新機器を厚生労働省認可後すぐに導入するなど、最先端機器を活用し白内障や網膜硝子体などの日帰り手術を実現している

 松本理事長は、白内障、緑内障、網膜硝子体の手術をはじめ、加齢黄斑(おうはん)変性などの黄斑疾患、角膜の治療に取り組んでいる。「当院の場合、手術件数が豊富ですが、全て日帰りで手術しますから、妥協を許さない治療が求められます。患者さんには、術後のフォローはもちろん、術前から管理し、安全な日帰り手術を目指しています」と医療法人トータルアイケアのモットーについて話す。
 佐藤院長は、大学病院時代から加齢黄斑変性や緑内障、糖尿病網膜症、そして白内障の治療に重点的に携わってきた。「多焦点眼内レンズを希望する患者さんが数多くいますが、レンズにはいいところもあれば、悪いところもあるため、患者さんそれぞれの生活環境などを考慮しながら、ご希望に合った最適なレンズの選択を心がけています」。治療では、メガネをかけてではなく、裸眼視力の回復にこだわっているという。

患者さんに喜んでもらえる最新医療の提供を常に心がける

2018年1月、アイケアクリニックさいたま上尾院がオープン。首都圏3クリニック体制が整った

 医療法人トータルアイケアの場合、大学病院に劣らない最先端機器だけでなく、松本理事長や佐藤院長をはじめとする医師も大学病院で豊富な経験を積んだエキスパートドクターが診療している。
 アイケアクリニックおよびアイケアクリニック銀座院の藤田雅裕副院長は、日本医科大学付属病院などで白内障や緑内障、小児眼科を中心に診療と手術を行ってきた。「緑内障では、まず点眼治療をおすすめしています。治療については、最先端のレーザー治療やインプラントによるチューブシャント手術など、患者さんが最新医療を選択できるようにしています」と患者さんに寄り添った治療を実践しているという。
 アイケアクリニックさいたま上尾院の雪田昌克院長は、東北大学病院などで研鑽を積み、網膜硝子体や白内障手術を含めた眼科医療全般を担当している。「患者さんから『ありがとう』『人生が変わったよ』と安心して喜んでもらえるような治療を常に心がけています。何か目の不調があれば、気軽に来ていただければと思います」と決意を述べる。
 最先端機器を駆使した経験豊富な医師による治療に定評がある医療法人トータルアイケア。佐藤院長は、「当院では眼瞼下垂(がんけんかすい)や結膜疾患などの高度治療も行っています。目のことは何でも相談に乗り、治療するトータルアイケアを目指しており、地域の人たちの目の健康を高レベルの治療で支え続けていきたいと思います」と高品質な総合眼科医療で地域に貢献していくという。


※内容は2018年4月27日時点のものです。詳しくは各医療機関にお問い合わせください
(PR)
医療機関情報
施設名 アイケアクリニック
TEL 048-929-6006
住所 埼玉県草加市永川町829
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)
診療時間
9:30〜12:30 ○/手術
15:00~18:00 ○/手術
※火曜午後は予約視野検査、レーザー治療などの予約診療も行っています
※火曜午後、水曜午前は手術ですが、緊急手術には随時対応しています
※火曜午後も診療受付しています
□14:00〜17:00



医療機関情報
施設名 アイケアクリニック銀座院
フリガナ アイケアクリニックギンザイン
TEL 03-5524-6003
住所 東京都中央区銀座4-2-1 銀座教会堂ビル7階
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)
診療時間
10:30〜14:00
15:00~19:00 手術のみ
※手術日は水曜午後ですが、緊急手術には随時対応しています
☆9:30〜13:00



医療機関情報
施設名 アイケアクリニックさいたま上尾院
フリガナ アイケアクリニックサイタマアゲオイン
TEL 048-770-6006
住所 埼玉県上尾市宮本町3-2 A-GEOタウン209
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)
診療時間
9:00〜12:30
15:00~18:00 ○/手術
※月曜午後は手術

↑ページTOPへ