医療現場で活躍しているドクターを紹介する特別インタビュー企画。 治療方針や取り組み、実績など様々な角度から徹底取材!

たにかわ・ひろし ※写真右
医学博士。1986年、帝京大学医学部卒業。帝京大学眼科助手、水戸赤十字病院眼科医員、藤枝市立総合病院眼科科長を経て、2003年、たにかわ眼科クリニック開設。日本眼科学会認定眼科専門医



かたぎり・みわ ※写真中
1996年、帝京大学医学部卒業。同大学眼科医局、伊奈病院を経て、2008年、たにかわ眼科クリニック副院長。12年、南与野たにかわ眼科院長。日本眼科学会認定眼科専門医



なかむら・おさむ ※写真左
1981年、早稲田大学政治経済学部卒業。86年、同大学院法学研究科修了。93年、帝京大学医学部卒業。帝京大学医学部溝口病院医局長などを経て、2004年、こうづま眼科クリニック院長。日本眼科学会認定眼科専門医

網膜硝子体手術や白内障手術、緑内障手術、硝子体注射など
埼玉県下の3施設が連携し年間約6900件の手術を行う

医療法人康久会では、南与野たにかわ眼科、こうづま眼科クリニック、たにかわ眼科クリニックの3クリニックが網膜硝子体手術をはじめ白内障手術、緑内障手術、硝子体注射などの日帰り治療を中心に高度な眼科医療で実績を上げている。2018年には中核施設を増設する予定で、患者さまにより充実した地域医療を提供できるようになる。

南与野たにかわ眼科

徹底した安全管理のもと最先端の高度医療を行う

 南与野たにかわ眼科では、白内障や網膜硝子体(しょうしたい)の日帰り手術を中心に、救急治療が必要な場合なども即日対応している。
 「最先端の検査・治療機器というハード面の充実だけでなく、わかりやすく、丁寧な説明によってソフト面でも患者さまに満足していただけるクリニックづくりを心がけております。患者さまが安心して利用できるよう、徹底した安全管理、最先端の高度な医療を行い、積極的な情報開示を進めていきます」と片桐美和院長は話す。
 片桐院長は、18年間にわたり白内障・網膜硝子体手術を行っているエキスパートドクターの一人で、高精度で安全・低侵襲な治療を数多く手がけている。
 同院は、JR埼京線「南与野」駅から徒歩2分の距離で、駐車場も40台を完備した交通の便が良い立地・環境を整えている。院内は全てバリアフリーでキッズコーナーも充実し、患者さまのためのクリニックとして地域医療に貢献している。

こうづま眼科クリニック

かかりつけ医として患者さまの目の健康を守る

 こうづま眼科クリニックでは、患者さまの安心・安全を第一として白内障・硝子体注射を中心に眼科領域全般に対応した診断・治療を提供している。
 中村修院長は、政治・経済を大学院で研究した後、医師に転身し、現在は眼科医療はもちろん、高齢者や小児医療の今後のあり方にも積極的に取り組んでいる。「患者さま一人ひとりと真摯に向き合いながら、より質の高い医療と地域に密着した満足のいく医療の提供を目指しております」という。
 院内の通路は、全てバリアフリーで、高齢の患者さまにも安心していただける施設となっている。「診療においても、患者さまとの垣根のないバリアフリーの医療を第一に考えております。どんなことでも気軽に相談できるような、かかりつけ医として患者さまの目の健康を守ります」と中村院長は患者さま第一の医療について言及した。

たにかわ眼科クリニック

網膜硝子体手術で25年間の経験と実績を持つ

 たにかわ眼科クリニックでは、眼科一般診療から高度先端治療に至るまで祝日を除いて毎日診療を行っている。手術も、白内障や硝子体、緑内障、網膜剥離(はくり)、眼瞼(がんけん)などの手術を主に毎日行っており、斜視や角膜手術、さらには緊急手術にも対応している。
 手術を受けた患者さまには、24時間管理体制で臨んでいる。「特に網膜硝子体疾患や小児眼科に重点を置いた、迅速で質の高い医療を心がけております。当院では、ほぼ、24時間管理体制で患者さまとの連絡を取っており、中でも手術後のフォローは綿密に行うよう努めております」と谷川弘院長。
 網膜硝子体手術で25年間の経験と実績を持つ谷川院長は、硝子体手術のほとんどを日帰りで行っており、また、網膜剥離など早期治療を要する症例では基本的に診断3日以内に手術するなど、難易度の高い網膜硝子体手術を柔軟に提供している。
 同院では、最先端の検査機器を導入し、的確な診断に基づく高度な治療を実現している。

予防医療に力を注ぎ2018年4施設体制に

 医療法人康久会では、さいたま市の南与野たにかわ眼科、川越市のこうづま眼科クリニック、入間市のたにかわ眼科クリニックの県下3施設が連携して医療を行っているが、「2018年にはより充実した医療体制を目指し広域な医療連携を充実する施設を増設し、白内障や硝子体手術を中心に総合眼科医療を行っていく考えです」と谷川院長。そして、今後は緑内障や加齢黄斑変性、糖尿病網膜症などを含めた予防医療にも力を入れていくという。
 同院では、管理栄養士による食物指導や整体師によるマッサージなども行っている。「マッサージでは、睡眠時間の確保が第一の目的で、ゆとりを持った生活のためのケアを行います。食物指導は、生活習慣の見直しによる糖尿病予防やアンチエイジングを目的としたものです」
 谷川院長は、高齢化社会が進む中で、健診・検診→早期発見→検査→治療の一連の流れを確立する必要があると説く。「患者さまにはいつも支えていただいております。頼りにされていることが励みになり、患者さまの夢・健康・長寿のお役に立ちたいと思っております。患者さまの見る喜びを追求するため、目の病気の早期発見と治療に積極的に取り組んでまいります」と力強く語った。
主な手術実績(2016年1月〜12月)
たにかわ眼科クリニック 南与野たにかわ眼科 こうづま眼科クリニック
網膜硝子体手術 947件 29件
白内障手術 2259件 1181件 482件
緑内障手術 71件 15件
硝子体注射 1052件 766件 30件
その他 13件 34件 4件

※内容は2017年9月30日時点のものです。詳しくは各医療機関にお問い合わせください


(PR)
医療機関情報
施設名 たにかわ眼科クリニック
フリガナ タニカワガンカクリニック
TEL 04-2960-1121
TEL(フリーダイヤル) 0120-601-132
住所 埼玉県入間市東町7-14-12
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)


医療機関情報
施設名 南与野たにかわ眼科
フリガナ ミナミヨノタニカワガンカ
TEL 048-859-8080
TEL(フリーダイヤル) 0120-04-1211
住所 埼玉県さいたま市中央区鈴谷2-633
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)


医療機関情報
施設名 こうづま眼科クリニック
フリガナ コウヅマガンカクリニック
TEL 049-248-1121
TEL(フリーダイヤル) 0120-049147
住所 埼玉県川越市岸町3-13-3
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)


↑ページTOPへ