あさい・ともこ
医学博士(大阪大学)。2004年、大阪市立大学医学部卒業。04年、大阪市立大学医学部附属病院。10年、大阪大学医学部附属病院。11年、大阪府立急性期総合医療センター。12年、大阪大学眼科。16年、大阪大学大学院医学系研究科修了。同年、あさいアイクリニック開設。日本眼科学会認定眼科専門医
高精度な医療機器を完備
高度な眼科医療を提供
患者さん一人ひとりに女性スタッフがきめ細かく対応
 阪急神戸線武庫之荘駅から、徒歩1分の好立地にある「あさいアイクリニック」。浅井智子院長は、急性期総合医療センターをはじめとする病院勤務で培った医療技術と、大阪大学大学院での強度近視や緑内障研究を通じて得た知識と考察力を生かし、女性ならではの繊細な手技で難易度の高い手術を日帰りで行っている。眼瞼下垂症手術をはじめ、眼瞼内反症手術、眼瞼結膜腫瘍手術、鼻涙管閉塞に対する涙管チューブ挿入術、また近視治療においては、近視矯正を図るオルソケラトロジーや薬物療法などにも取り組んでいる。
 同院では日帰り白内障手術を行なっており、手術はエキスパートドクターとして知名度が高い生野恭司名誉院長が担当している。手術に際して、選択肢のひとつとして多焦点眼内レンズも導入している。遠近両用の焦点を持つ特殊レンズを挿入するもので、眼鏡への依存低減が期待できるとして、注目されている手術だ。
 「最新の機械や大学病院と同等の空調設備を完備し減菌を徹底しています。術後しっかりとした点眼によって、感染症の罹患率を下げることができますので、手厚いケアをモットーに白内障手術後の点眼や生活指導を、お一人ずつ十分に時間をかけてご説明しています。また、温かい医療を提供するべく、スタッフ全員で異業種の接遇を学ぶ機会を設けています」と浅井院長はこだわりを語る。
患者本位のクリニックづくりを重視
熟練した医師による高度な技術で様々な眼科手術を実施
 術後の見え方についても患者とのコミュニケーションを重ねて、ベストなレンズを提案しているという。
 地域密着でありながら高度医療を身近に受けられる環境づくりに励むあさいアイクリニック。白内障に悩む人のみならず、眼にまつわる悩みを持っている人に向けて、「『検診のたびに視力が落ちている』『眼鏡の度数が合っていない気がする』など、些細なことでも構いません。つまらないことだなと思わずに何でも相談してください」とメッセージを送る。これからも、ハイレベルな医療技術と丁寧な診察で眼の健康を守り続ける。
難治性白内障手術の経験豊富な生野名誉院長が執刀
いくの眼科 院長
生野 恭司(いくの・やすし)
あさいアイクリニック名誉院長
大阪大学招へい教授
金沢大学臨床教授
高度な眼科医療を提供している医療法人恭青会は、本院である「いくの眼科」をはじめ、2016年8月に「あさいアイクリニック」を開設。生野医師の「目の悩みを抱える方々を救いたい」との考えから、どなたでも高度な眼科医療を気軽に受けられるように、将来的に各沿線に提携施設を置くことを視野に入れ、利便性の高い広域ネットワークづくりの構築を図っている。

 
 

※内容は2019年5月9日掲載時点のものです。詳しくは各医療機関にお問い合わせください

 
 
 

(PR)
医療機関情報
施設名 あさいアイクリニック
TEL 06-6423-8871
住所 兵庫県尼崎市南武庫之荘1-19-26 サークルFビル3F
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)

 

診療時間
9:30〜12:30
15:30〜18:30

 
 

医療機関情報
施設名 いくの眼科
TEL 06-6309-4930
住所 大阪府大阪市淀川区十三東2-9-10 十三駅前医療ビル3F
ホームページはこちらから(別ウインドウが開きます)

 

診療時間
9:00〜12:00
14:00〜17:30